「毎日がつらい」から抜け出す3ステップとは?

 

こんにちは

心理カウンセラーの中嶋です。

 

あなたは「早く変わらなければ」、「ガマンしなければ」と考えることが癖になってはいませんか?

 

そのような考え方が常になっていると「自分はダメだ」と悲観的になってしまいます。

 

すると、他人や過去の自分などと比べて自分がどんどん嫌いになります。

 

更に本来の自分の力を発揮することができなくなり日々の生活を辛いものにしてしまいます。

 

そしてまた「早く変わらなければ」という考えに至ってしまう…

 

このような負の感情のループを心の悪循環と呼んでいます。

こういった悪循環を続けているとそれが普通になってしまい脱することがますます困難になってしまいます。

 

なるべく早く悪循環を断ち切るための基本的な考え方をお伝えしたいと思います。

簡単な3ステップなのであなたに合った方法で活用してみてくださいね。

 

 

1、悪循環に陥っていることに気付く

負の感情が沸いたときには必ず悪循環に入っていることに気付くことです。

気付かなければ無意識のうちに悪循環にはまってしまいます。

 

不安な気持ちになったら「あ、今不安な気持ちになったな」と、
イライラしたら「あ、今イライラしているな」と意識するのです。

 

そんなこと分かっていると思われるかもしれませんが人間は常に思考しています。

そのせいで当たり前すぎて普段の自分の感情には注目しないものです。

 

ですから意識的に自分の今の気持ちに気付いてみるというのが大切です。

 

 

ここで気を付けておくべきことがあります。

それは気付いた時点で「何とかしなければ」と思わないということです。

ここでの目的はあくまでも『気付くこと』です。

ただ気付くだけで自分の状態を客観視できている状態なのです。

 

 

2、自分の感情を認めてあげる

自分が悪循環に入っていることに気付けたら今どのような感情であるかを考えてみます。

 

不安であるのか? ガマンしなければと思っているのか? 自分はダメだと沈んでいるのか?

 

そして自分の中に湧き出たその感情を『認めてあげる』のです。

 

これまではその感情に対して更にネガティブな感情が生まれてきていたはずです。

しかし、『認める』ことでこれ以上ネガティブな感情が沸かないようにすることができます。

「不安に感じている自分」 「相手にイライラしている自分」。

 

自分の感情を否定するのではなく受け入れてあげることで自分自身を認めてあげてください。

 

3、認められた自分をホメる

これまで負の感情が生まれたときにそれにとらわれていたと思います。

 

しかし、その感情を認めることでそれ以上悪循環におちいることがなくなるのです。

そして、これまで否定していた感情を受け入れることができた自分をホメてあげてください。

 

『認める』⇒『ホメる』をすることで善循環に入る練習になります。

これを繰り返すことで徐々に今まで嫌っていた自分を許すことができるようになってきます。

 

そうすれば苦しんで生きる日々から脱するのも時間の問題です。

 

 

 

この方法は考え方の癖を変えるための方法です。

なのでジックリと時間をかけて少しずつ善循環に入るように意識してみましょう!

 


プロフィール

初めまして。

心理カウンセラーの中嶋亮太と申します。

幼少期から親の機嫌取りやうつで悩まされてきました。

HSPという言葉を知って自分の生きづらさの原因やアダルトチルドレンだということにも気付きました。

自分と同じようなことで悩んでいる人の助けになればと思い地元の福岡でカウンセラーをしています。

くわしくはこちらから

 

ご予約

福岡市にカウンセリングルームをご用意しております。

また、遠方の方向けにはZOOMでのカウンセリングも可能です。

くわしくはこちらから