hspは理解者が必要か?信頼関係の作り方

この記事ではhspが理解者を作るための方法を一緒に考えてみたいと思います。
受け取る感覚が普通と違っているhspが周りと馴染むためにはどのような点に気を付ければよいのでしょうか。

 

こんにちは

心理カウンセラー中嶋亮太(なかじま りょうた)です。
福岡県福岡市にプライベートカウンセリングルームがあり、そこで『生きがいを発見することで、HSPやアダルトチルドレンの方の悩みを解消するカウンセリング』を、個別にて行っています。

 

hspの悩みを解決する生きがい発見3ステッププログラムはこちら

 

hspと理解者について

普通の人と感覚の違うhspは同じ出来事が起きても受け取ることが違うので「変わった人」だったり「自分とは違う人」だと思われがちです。

中々馴染むことが難しいかもしれませんが、人間である以上誰かとの繋がりや関わりを持って生きていきたいと思うはずです。

そんなhspが理解者を作るための動き方について考えてみましょう。

 

 

誤解されやすいという性質を知る

hspは受け取る情報の多さから常に疲れている状態だったりどんな刺激が来るかと身構えているため基本的におとなしい人が多いです。

特によくおしゃべりをする人や高圧的な人に対しては口数も減ってしまうでしょう。

 

そういった点から「この人はあまり話をしたくないんだな」とか「私のことが嫌いなのかな」という誤解を招いてしまうことも多々あります。

しかし、実際は何を話したらいいのか分からない場合や相手に圧倒されているだけでその会話が苦痛であるわけでも逃げ出したいと思っているわけではないのです。

あなたもそういった経験があるのではないでしょうか?

 

それではそういった誤解から逃れるためにはどうしたらいいのでしょうか?

 

一つの手段はそのままの気持ちを相手に伝えるということです。

そんな簡単なことかと思われるかもしれませんが大切なことなのです。

ただし、改まって「私は人と話すのが苦手なので…」とか「あなたのことは嫌いではないのですが…」なんて話始めると不自然になります。

そんな伝え方をしてしまうと逆に関係がギクシャクしてしまう原因になりますので注意してください。

あくまでも会話の流れで自分のことを話すときに伝えるということを頭に入れておきましょう。

 

 

誰かになり切ってみる

意外にも「他の誰かになり切ってみる」というのは自分に自信を付けて他人と接するのに有効な手段です。

 

よく自己肯定感などの言葉を聞くかもしれません。

すると、自分が自分でいるのを認めることが大切だと思うのではないでしょうか。

それと誰かになり切るというのは逆のことをしているように感じるかもしれません。

 

しかしいくら誰かのマネをしたとしてもあなたはあなたなのですから自分を否定することにはなりません。

潜在意識と顕在意識という言葉を知っているでしょうか?

自分を否定したり他人に苦手意識を持っているのは潜在意識が問題です。

潜在意識は自分のことと他人のことを区別することができません。

ですので他人になり切って自信を得られたとしても自分のことではないからと感じることなく受け入れることができるのです。

 

それでは具体的にどういう人をどういう風にマネすればよいのでしょうか。

それは単純にあなたが憧れていたりどこか学ぶべき点があると思っている人が良いでしょう。

例えば自分にもっとフランクに人に話しかけることができればいいなと思っていれば周りで社交性のある友人や同僚を探してその人の話の切り出し方を見習ってみましょう。

もし、もっと自分に自信が欲しいと思うのであればいつも自信たっぷりな人の行動や姿勢をマネしてみましょう。

ただし、良いところはあるけれども尊敬は出来ない人はやめておいた方が良いでしょう。

何故ならば尊敬できなければ心の底からマネすることはできませんし、今良いと感じているところが原因で尊敬できていない可能性もあるからです。

 

話し方や座っているときの姿勢などはじめは些細なことでもいいのでやってみてください。

周りと打ち解けるための第一歩として有効でしょう。

 

 

同士を探す

恋愛や友人関係の話をするときに出会いが無いからと言う人を見かけたことはありませんか?

もしくはあなた自身が言ったことはありませんか?

 

しかしそれは言い訳です。

恋愛をしたければ出会いの場に行く必要がありますし、友人を作ろうと思えば社会人サークルでも出会いはあります。

受け身でいては何を手にすることもできません。

 

心を強くするためにも自分の感情を知ってくれている人を探すためにも新しいことに挑戦して傷つく必要があります。

対人関係が苦手でも実際のところそんなに沢山の人と関わってきていないのではないでしょうか?

数人の人との関わりの中で理解されなかったり嫌な思いをしたから苦手意識を持っているに過ぎないのではないでしょうか?

 

理解者を探すのにチャレンジして傷つくことは必須であると思っておきましょう。

 

理解者が必要か

あなたにとって「理解者」とはどのような人のことでしょうか?

例えば親しくて毎日遊ぶ人は理解者と言えるでしょうか?

 

正直なことを言えば友人を作るのには理解者である必要は無いと思っています。

友人関係というのは何か一点でも気が合うところや気に入っているところがあれば築ける関係です。

「友人」というもののハードルを上げ過ぎてはいませんか?

自分の苦手なところや良いところを全て理解してもらわなければ親しい関係を築けないわけではありません。

これは私の個人的な意見ではありますが友人関係は簡単に作れるものです。

 

自分のメリットや人生での立ち回り方を一緒に考えてくれるような理解者はカウンセラーでもパーソナルコーチでも構わないわけです。

自分の全てを知っている理解者がいなければひとりぼっちではないということは覚えておいて欲しいいと思います。

 

 

心の強さが第一

自分の良いところ苦手なところを知ってくれている人がいても少し嫌なところが見えたり気になる点があったりすると距離をとっていてはいつまで経っても良い関係を作ることはできません。

 

理解者も友人を作るのにもその関係を長く続けていくためにも少しの嫌悪感で逃げ出していてはいけません。

そのために必要なのは強い心を持つことです。

相手の些細な言葉で傷つかずそうそう簡単に自分の意見を曲げないような意志と言ってもいいでしょう。

 

まずは簡単にメンタルをやられてしまわないような心や考え方を身に付ける必要があるでしょう。

 

 

まとめ・hspは理解者が必要か?信頼関係の作り方

hspが理解者を作る必要があるか、そして友人関係を作る上で大切なことについて考えてきました。

 

あなたがhspについての理解者が必要だと考えているのであれば何故必要なのかどういうメリットがあるのかをまずは考えてみましょう。

そして、そうそう簡単に折れない心を身に付けて友好な関係を作りましょう。

理解者が現れるから安心して強い心を手に入れるわけではなく、強い心を手に入れてから関係を作っていくという意識でなければ負のスパイラルにハマる可能性があります。

 

他人と関係を築くのが苦手な人はぜひ参考にしてみてくださいね。

 

hspの悩みを解決する生きがい発見3ステッププログラムはこちら

 


プロフィール

初めまして。

心理カウンセラーの中嶋亮太と申します。

幼少期から親の機嫌取りやうつで悩まされてきました。

HSPという言葉を知って自分の生きづらさの原因やアダルトチルドレンだということにも気付きました。

自分と同じようなことで悩んでいる人の助けになればと思い地元の福岡でカウンセラーをしています。

くわしくはこちらから

 

ご予約

福岡市にカウンセリングルームをご用意しております。

また、遠方の方向けにはZOOMでのカウンセリングも可能です。

くわしくはこちらから