何か悩みを持っていて解消するためにカウンセリングを受けるときにそれを解消する側、
つまりカウンセラーとの相性も重要です。

人と人との関係なのですから当たり前なのですが、
専門家なのだからと意外に考慮に入れるのを忘れがちです。
なのでその観点も大切にしていただきたいと思います。

 

実際どんなカウンセラーなのか分からなくてカウンセリングを受けるのを躊躇することも多いです。

ですので私がどういう人間なのかを知ってもらい、安心してカウンセリングを受けに来ていただきたいと思います。

 

私の生い立ちを書きましたのでこれを読んで共感したり安心していただければ幸いです。

 

親の顔色ばかりうかがっていた幼少期


元々おとなしい子どもだった私は夜泣きもワガママも言わず両親は育てやすかったそうです。
私自身はというと物心ついたころから周囲で起こる出来事にビクビクしていたことを覚えています。

両親は昔から仲が悪く母親が父親に対して口論をしているところを見ることが多かったです。
その「離婚したらどっちについてくる?」や「お父さんとお母さんどっちが好き?」といった言葉を当時幼かった私はよく聞かされていました。
そのたびに胸が締め付けられるような感覚でした。

 

孤立していた小・中学生時代


成長してからも母親の愚痴を聞いてあげることは続いていましたが悩みの種は増えました。

それは小・中学校での集団生活でした。

整然と教室にギュウギュウに並んでいる机、
すぐ隣に座っている生徒、
それらが苦手で授業どころではありませんでした。

大人しい子どもは他の生徒のストレス発散の標的になることが多いです。
私も多分に漏れずにいじめに合っていました。

しかし、親や先生に話したら迷惑をかけるんじゃないかと思って相談できませんでした。

自分に向けられた心の無い言葉や
見下すような視線で
私はここにいるべきではないのではないかと感じていました。

 

夢を諦めた高校時代


昔からあまり外に出ることが少なかった私は必然的にテレビっ子になっていました。

特にドラマや映画をよく見ていたこともあって次第にそういったものの制作をしてみたいと思うようになりました。

しかし上手く自分の気持ちを伝えることが出来なかった私はそれを両親にしばらく言えませんでした。
とうとう進路を決めなくてはならない。そうなったときにとうとう心を決めて話すことにしました。

「ドラマや映画を作ってみたい」ということを話しました。
しかし、猛烈な反対を受けて自分の意思を殺すように諦めました。

やっと見つけた夢だったはずなのに…

 

地獄のような大学生時代


夢を諦めてしまった私は正直行きたくもない大学へと進学することになりました。

「この4年間を何とかやり過ごそう」
そう思ったのですがそれは間違った考え方でした。
サークルにも入らず交友関係も築く気の無かった私はただ一人で大学生活を過ごしていました。

人は人との関係で作られるものです。
それに気付けなかった私は次第に心を病んでいき、
ついにはうつ状態になってしまいました。

 

人間関係に悩んでいた社会人時代


慢性的なうつ状態で苦しみ、留年しながらもなんとか大学を卒業しました。
工学部だった私は通常のレールに沿うように設計開発の仕事に就きました。

しかし、私はこれまで人間関係の構築の仕方の経験を積んできていませんでした。
急に同僚や先輩と上手く付き合っていけるわけがありません。

会社に入っても私は人との関わり方に悩む羽目になりました。

さらには日々の残業で押しつぶされそうになり、
このまま先の見えない毎日を過ごすことに恐怖を覚えるようになりました。

その後も転職を何度か繰り返しましたがどうしても人間関係で悩んで辞めることが多かったです。

 

心理学を学んで


何度も転職を繰り返してこのままではダメだと思いました。

しかし、実際にどうすれば良いのか分からずに困っていました。

そんなときにネットでたまたま見た『HSP』という言葉。
この言葉を知らなければ今の僕はいなかったと思います。

HSPについて知るためにセミナーや講座に参加し、書籍を読み漁りました。

それがきっかけで周りの目が気になったり
誰かが話していると自分の悪口を言っているんじゃないかと疑ったり
いつも何かに怯えているような感覚が徐々に消えていきました。

今では心が軽くなって自信を持って生きていくことが出来るようになりました。

 

今、辛さを抱えている方へ


私は二十数年間自分の事を好きになれずにいました。

生きる意味も喜びも見出せませんでした。

同じような辛さを感じている人がいるなら少しでも手助けがしたいと思ってカンセラーを始めました。

今ではカウンセリングに携わったのは数百時間を超えます。

もしあなたが今辛さを抱えているのであれば私に話してみませんか?

あなたに合った改善方法をご提案いたします。

 

昔、私が味わった辛さを感じている人が一人でも少なることを願っています。

 

 

料金、ご予約はこちらから