hspを疲れさせるもの6選!より良い環境を作るためには

この記事ではhspを疲れさせるものについて挙げています。
自分がどういったことやもの、環境によって疲れるのかを把握しておくことでそういったことに対処したり心構えを持って挑むことができるのです。

 

こんにちは

心理カウンセラー中嶋亮太(なかじま りょうた)です。
福岡県福岡市にプライベートカウンセリングルームがあり、そこで『生きがいを発見することで、HSPやアダルトチルドレンの方の悩みを解消するカウンセリング』を、個別にて行っています。

 

hspの悩みを解決する生きがい発見3ステッププログラムはこちら

 

hspを疲れさせるもの

あなたを疲れさせるものは何があるでしょうか?

hspにとって苦手なものは沢山あります。

対人関係や刺激の多すぎる場所などです。

その中でも身近にありそうな状況を挙げてみましたのであなたなりの解決方法や回避方法を探ってみてください。

 

 

1、集団での飲み会

hspが苦手なものとしてよく挙げられるのが飲み会などの集まりではないでしょうか?

特に集団心理やお酒の力で気が大きくなることも多いので苦手意識を感じているhspがいることもうなずけます。

 

いっそのことそういった場所には顔を出さないという手もあるでしょう。

楽しいはずの場所を辛いものだと感じるのであればそっちの方が健康的です。

 

メリットデメリットだけで全てを決めてしまうのはつまらないし良くないと考える人もいるでしょう。

しかし、自分にとってプラスよりもマイナスになることが多いと感じることは自分の人生から無くすという選択もありでしょう。

 

 

2、働き方の合っていない仕事

hspは仕事の選び方、働き方についても考える必要があるでしょう。

 

眩しくて目に辛いデスクで一日中仕事をしている
常に騒がしい人たちがいて良い休み方が見つけられない
あなたを無能だとモラハラをするような上司がいる
仕事が自分に合わずいつも体調不良になってしまう

 

などといった職場では仕事がつらいものになってしまいます。

合っていない仕事であると自覚してより良い職場探しや働き方探しをすることで本当に自分に合った仕事を探さなければ改善されません。

 

そのためには自分の性質と向き合いどんな仕事が良いのかを見つめ直す必要があります。

 

 

3、内向的なのに外向的な人に合わせる

hspにも外向的な種類の人がいますが、ほとんどの人が内向的です。

そんな内向的なhspが無神経な人だったり思ったままのことを口に出すようなタイプの人と関わることが多いとツラくなるかもしれません。

 

特に外向的なひとは様々な刺激に対して耐性を持っているから外交的足りえるわけで、内向的でしかもhspがその人に合わせて行動したり発言したりするのは場合によっては苦痛でしょう。

hspの共感能力の高さが更にそれを加速させます。

ですので誰かに合わせたりすることなく苦手なことは苦手なこととして自分は自分であると心の中に芯を持って行動すると言う意識を持つことで他人に惑わされたりすることを減らすことができるようになります。

 

 

4、休日の無気力な過ごし方

何の目的もなくだらだらと過ごす休日は時によっては逆に疲れてしまう原因となります。

休みの日は何もせずに家にいるのに全然疲れが取れないという悩みを抱えている人はその点に注意してみるとより良い休息をとることができるかもしれません。

 

適度に外出をしたり運動をすることでリフレッシュにも繋がってさらに疲れをとることに繋がります。

そして夜にはしっかりと休んで早めに寝るなどの休日でも規則正しい生活を心がけてみてください。

 

 

5、合っていない生活環境

毎日の生活の中でリラックスする場所を持てていないとストレスや疲れを日々溜めていくだけになってしまいます。

そんな毎日を積み重ねているとある日に爆発してうつ状態になってしまうかもしれません。

 

hspはストレスに弱いことと疲れやすいということを知っておくべきです。

まずは毎日の生活の中が安心できない場所ばかりだったり相談できない状態を無くすようにしましょう。

本当に気の置ける友人や尊敬できる上司などを作ることができればベストです。

 

自分にとって楽しかったり嬉しかったりすることは疲れることではなくむしろメンタルの回復に繋がります。

 

 

6、自分の性質を分かってもらえない

hspの持っているマイナスな部分を理解してもらえなければストレスになるであろうことは言うまでもありません。

聴覚過敏な点気になったことがしばらく忘れられない点物音に敏感な点無意識で相手の気持ちを考えてしまう点などをわかってもらうのは難しいかもしれません。

 

実際に自分に起きる出来事ではないためわからないのは無理ないでしょう。

ですから分かってもらえないことを認めて仕方のないことだと知りましょう。

相手に理解されなくても自分のできない点だけだったり得意なことだけを伝えて間接的にわかってもらう方法もあります。

 

他人は他人ですから自分の全てを分かってもらってしかもうまく接してもらうのは不可能です。

なので理解されないのであれば理解されないなりの「やり方」を考えてみましょう。

 

 

まとめ・hspを疲れさせるもの6選!より良い環境を作るためには

hspにとって疲れさせるものや出来事について考えてみました。

簡単に楽になる環境を作るのは難しいものです。

しかし、あなたの形を変えたり他人の変えられる部分を変えたりして少しずつ過ごしやすい場所にしていきましょう。

 

hspの悩みを解決する生きがい発見3ステッププログラムはこちら

 


プロフィール

初めまして。

心理カウンセラーの中嶋亮太と申します。

幼少期から親の機嫌取りやうつで悩まされてきました。

HSPという言葉を知って自分の生きづらさの原因やアダルトチルドレンだということにも気付きました。

自分と同じようなことで悩んでいる人の助けになればと思い地元の福岡でカウンセラーをしています。

くわしくはこちらから

 

ご予約

福岡市にカウンセリングルームをご用意しております。

また、遠方の方向けにはZOOMでのカウンセリングも可能です。

くわしくはこちらから